DOCTOR'S COLUMN

肩こりの原因はストレス情報のオーバーフロー


肩こりに関係する僧帽筋や胸鎖乳突筋はアクセサリーナーヴ(accessory nerve : 副神経)に支配されています。 アクセサリーナーヴは脳幹と脊髄から出ている第11脳神経です。 アクセサリーナーヴは純粋な運動神経なので、筋からの情報が脳幹に戻ることはありません。 脳幹にフィードバックする求心路がなく、出力としての遠心路しか持たない神経なのです。

僧帽筋と胸鎖乳突筋を動かすときは、脳からの指令が脊髄を通り、筋肉を緊張させます。 これは意識的な脊髄-緊張ルートです。 もう一つ無意識な脳幹-緊張ルートがあり、実はこちらが肩こりの原因となります。

ある脳神経からの入力情報が過剰になった時に、脳幹のアクセサリーナーヴからあふれ流れてしまう、オーバーフロー現象です。 ある脳神経とは、五感をコントロールする動眼神経、三叉神経、聴神経、顔面神経など。 これらはアクセサリーナーヴと違って、末梢の情報を脳幹に戻すフィードバック機能を持っています。 このフィードバックは重要なリカバリー機能です。 不快な情報に対して、目を閉じる、鼻水がでる、耳をふさぐ、吐き出すなど、身体を守る役割をしているからです。

しかし、アクセサリーナーヴにはフィードバック機能がないので、肩こりを修復するリカバリーが効きません。 筋肉が緊張し放題になってしまいます。 これが、ストレス情報のオーバーフローが肩こりの原因といわれる所以です。

アクセサリーナーヴからのオーバーフローが僧帽筋や胸鎖乳突筋の緊張を起こします。 その結果が肩こりという症状です。

五感からの強すぎる刺激情報を入れない。 心地よいと思う情報をなるべく取り入れる。 脳幹へのストレス情報を減らし、アクセサリーナーヴからのオーバーフローを防ぐこと。 これが肩こりの予防となるでしょう。

おだ整形外科クリニック 小田 博

新着記事
アーカイブ
タグ
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Google+ - White Circle
  • YouTube - White Circle

株式会社ディディトリニティーラボ

DD trinity lab Inc.

〒173-0033 東京都板橋区大山西町14-1-101

info@ddtrinitylab.com

複製・転載を含む無断での一切の利用を禁止します。 Copyright (c) DD trinity lab Inc. All Right Reserved.