EARHOOK Story

シンバイオティクスという考え方

最近、流行りの健康法として欠かせないのが腸内環境コントロールです。 腸内環境に有用な乳酸菌などはプロバイオティクスと呼ばれています。また、乳酸菌の働きに必要なオリゴ糖などはプレバイオティクスといいます。 そして、このプロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒に摂取して、腸内環境を改善させましょうというアプローチが「シンバイオティクス」です。 つまり、生きた乳酸菌とオリゴ糖を合わせたサプリメントが腸内環境には最適というわけです。 実は、2015年にディディトリニティーグループはこの組み合わせを特許申請して、「水素フローラ」 というサプリメントを販売しました。 昨今の水素水報道で少なからず影響を受けていましたが、水素フローラの考え方は「シンバイオティクス」そのものなのです。 自分の腸内フローラで、乳酸菌とオリゴ糖が発酵して発生した水素が腸内環境を最適化するという原理です。もちろん水素だけではなく、酢酸やプロピオン酸、酪酸なども発生していますので、デトックス効果も含まれています。 「シンバイオティクス」は健康法のトピックスとして要チェックです。

ディディトリニティーラボ 小田 博

新着記事