EARHOOK Story

ウェンブリーアリーナの記憶

2003年、医師になって8年が過ぎた頃、ロンドンで学会発表する機会をいただきました。 僕は発表そっちのけでロンドン観光しようと、大学アメリカンフットボール部の後輩A先生を誘いました。当時、僕が一番恐れていたR教授もその学会に参加していました。 ロンドンでの観光を満喫した最終日、無事に発表を終えてフロアで安堵していると、R教授に今晩の夕食を誘われました。後輩のA先生と一瞬顔を見合わせました。実は今晩、ウェンブリーアリーナでボブディランのライブに行く予定だったからです。たまたま寄ったレコードショップで、2枚チケットが売られていたので、僕たちは迷わず購入していました。3秒ほど考え、「すみません、ボブディランのコンサートがあるので夕食はご一緒出来ません」…言っちゃいました。 ライブは良かったのですが、A先生とちょっと反省していたので、あまり感動できなかったと記憶しています。 その後、帰りの空港でR教授は一言も僕たちに声をかけてくれませんでした。 ボブディランがノーベル文学賞を受賞したのはそれから14年後。 懐かしい思い出です。

ディディトリニティーラボ代表 小田 博

新着記事