DOCTOR'S COLUMN

EARHOOK 創意と工夫」


1.耳の形は千差万別ですが、可能な限りフィットするデザインで、必要十分な肩こり効果を目指しました。

2.EARHOOKをつけて日常生活動作をするだけで、皮膚接触部分の摩擦や筋肉の膨隆がツボを自然に刺激できるように工夫しました。

3.弾力性のあるシリコンで適度な曲線デザインにすることで、耳にかけた部分が支点となり、テコの原理でツボを刺激します。

4.より離れたツボや神経に届くように、EARHOOK本体にネオジム磁石を内蔵して効果を拡散させるように設計しました。

5.耳にかかる部分は長時間の装着で痛くならないように、なるべく細く前方をテーパード状にして外れにくくしました(Lサイズ)。

6.耳の小さな方だとどうしても違和感が生じるので、テーパードを採用しないストレートな形状で90%ダウンサイズ(Mサイズ)を作りました。

7.耳の形や大きさを考え、何度も試作品を作り、フィット感とツボへの効果が最大限得られるようなデザインにしています。

8.EARHOOKは材料から製造、パッケージングまですべて日本製にこだわっています。

新着記事
アーカイブ
タグ
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Google+ - White Circle
  • YouTube - White Circle

株式会社ディディトリニティーラボ

DD trinity lab Inc.

〒173-0033 東京都板橋区大山西町14-1-101

info@ddtrinitylab.com

複製・転載を含む無断での一切の利用を禁止します。 Copyright (c) DD trinity lab Inc. All Right Reserved.