EARHOOK Story

桜の満開の下で


花粉症の方々には辛いかもしれませんが、なんとも爽やかな響きですね。お花見でもしたくなる気分です。 そんな頃、坂口安吾の「春ランマンだのと浮かれて陽気になりますが、これは嘘です。」から始まる小説を思い出してしまいます。 桜の美しさに寄りそう儚さと危うさ。 春は人々の心を揺さぶります。 そして、心機一転もさせてくれます。 それぞれの春爛漫をお迎えください。

タグ:

新着記事