DOCTOR'S COLUMN

体内時計をリセットすると


体内時計という1日のリズムは「時計遺伝子」が関係しています。

この遺伝子の繰り返す周期が「サーカディアンリズム」といいます。からだや心、お肌の調子も正しいリズムで生活すると自然に改善されてくるはずです。

体内時計で大事なことはリセットすることです。リセットすることでサーカディアンリズムが正常化します。

そのリセット方法は二つあります。光と食事です。 朝起きて太陽の光を浴びることで、眼の網膜に働きかけリセットされます。

光よりも影響が大きいのが食事です。昔から、腹のすき具合から時刻を特定する腹時計という言葉がありますが、日々の食事を規則正しくとることで時の推定が可能となるのです。

食事の中で最も体内時計のリセット効果が高いのは朝食です。

夕食後から続いた絶食中に若返りホルモンが沢山放出されますが、それをリセットするのが朝食で、リセットしなければ次からの若返りホルモンの放出が極端に減ります。

絶食が長過ぎても、短くてもいけません。理想の絶食は10時間以上といわれています。

英語のブレックファストはファスト(絶食)をブレーク(破る)という意味があります。

夕食後から朝食まで十分な絶食時間を取り、サーカディアンリズムを整え、健康的にリセットしたいですね。

http://supli.ddtrinitylab.co.jp/002/

新着記事
アーカイブ
タグ
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Google+ - White Circle
  • YouTube - White Circle

株式会社ディディトリニティーラボ

DD trinity lab Inc.

〒173-0033 東京都板橋区大山西町14-1-101

info@ddtrinitylab.com

複製・転載を含む無断での一切の利用を禁止します。 Copyright (c) DD trinity lab Inc. All Right Reserved.